多くのヨギーニが愛用するウェア「lululemon」の魅力

ウェルネス

トレーニングやヨガなど、様々なアクティビティをおこなうとき、1つのモチベーションになるのがファッション。自分のお気に入りのウェアでおこなうアクティビティは、よりいっそう楽しくなるものだ。

感度の良いヨギーニ (ヨガ愛好者) から絶大の信頼を得ている高機能ウェア「lululemon(ルルレモン)」。今回は、ルルレモの魅力を紹介していきたい。

Lululemonのストーリー

1998年にチップ・ウィルソンが、カナダのバンクーバーに設立。昼は、ヨガパンツやその他のヨガウェアの小売店として、夜はヨガスタジオとして地元のコミュティを集める。当時ルレモンが大切にしていたのは、お店に訪れる顧客を知ることだ。彼らの声をもとに製品を作ることによって、ブランドと顧客の間に信頼関係が生まれる。顧客と真摯に向き合うルルレモンの姿勢は、多くのヨギーニを中心に支持され、現在では、世界中で400店舗以上を展開している。

一度着ると癖になる

アクティビティウェアには、カラダを動かすときにストレスにならない機能性が求められるが、ずっと着ていたくなるような快適な着心地があれば尚いい。ルルレモンのウェアは、より快適にスウェットできるような機能性と、ずっと着ていたくなるような着心地が特徴。アクティビティだけでなく、カフェやオフィスなどに着ていける、今話題の「アスレジャーファッション」にもぴったりだ。

ミニマルでありながらファッション性の高いデザイン

「ここにこのデザインいらないんだけどな」。店頭に並んでいるウェアを見て思うことが度々ある。ルルレモンのウェアには無駄がない。顧客が求めるカラーバリエーションに、ルルレモンの小さいロゴがワンポイント。必要最低限のデザインでとどめるミニマルさは、顧客を惹きつける理由の一つだ。

一日一汗

仕事や日々の生活が忙しくて時間のない人こそ、汗をかいて自分らしくいよう。ルルレモンは、「一日一汗」をすすめている。

一日一回スウェット(=汗をかく運動)することで、自分の身体・心・マインドと繋がり、忙殺されがちな都会の生活の中でも自らの手で幸せを選択していきたい、と考えています。

lululemonより

ヨガやピラティスが無料。「コミュニティークラス」

※現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止

新しいことを始めるときには、少し勇気が必要かもしれない。ヨガを始めたいと思っているけど踏み出せない方や、ヨガを通じて新しい仲間を増やしたいという方は、「コミュニティクラス」に参加してみてほしい。ルルレモンの各ストアでは毎週、ヨガやランニングなどピラティスなどのコミュニティクラスを無料で開催している。「一日一汗」を掲げているだけあって、顧客に運動を始めるきっかけを作っているのはさすがだ。

メンズアイテムも豊富

女性のアクティビティウェアというイメージが強いルルレモンだが、メンズアイテムも数多く店頭に並んでいる。実際に、メンズアイテムの売り上げもかなり上がってきており、これからさらに盛り上がりそうなのでぜひチェックしてみてほしい。

メンズ

ウィメンズ