ローラによるサステナブルなライフスタイルブランド「STUDIO R330」が始動。

ニュース

image by STUDIO R330

2015年からロサンゼルスを拠点に活動し、国際的に活動するローラが環境に優しいライフスタイルブランド、「STUDIO R330(ストュディオ アール スリーサーティー)」を立ち上げた。

“できることから少しずつ初めていきたい。”

ファッション・アパレル業界が生み出す環境汚染は深刻な問題だ。ファストファッションの繁栄によって、私たちは流行りの良質なアイテムを、低価格で手に入れることができるようになったが、1~2回着て捨てられる服や1シーズンで捨てられてしまう服も珍しくない。大量生産によって余剰在庫も発生しやすくなった。行き場を失った服たちの70%は廃棄処理されてしまう。こうした現状を解決するため、世界ではサステナブルへの意識が強い欧米を中心にファッションブランドも独自のアプローチでサステナブルな取り組みを始めているが、日本国内の消費者には、まだまだ広がりを見せていないのが現実。

以前より、SNSやメディアを通じて環境問題について発信し、取り組んできたローラ。「地球にも人にも優しいことを、できることから少しずつ始めていきたい」との思いから2年以上前から工場をかけ回り、準備してきたという。“essentials for a good life” をスローガンに、トレンドに左右されないサステナブルなプロダクトやコンテンツを発信していく。

注目の第一弾は、ワークアウトウェア

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

プロジェクト第一弾は、女性のボディを強く健康的に引き立たせるワークアウトウェアを揃えた『+Oneコレクション』。運動することの大切さを伝えたいというローラの思いが込められている。

運動すると、体が健康になるだけじゃなくて心もポジティブにしてくれるから。

心がポジティブになるとお仕事もやる気が出たり、学ぶことが楽しいと思えたり、自信がついたり、誰かを助けたいという気持ちがもっと芽生えたり、心に余裕も生まれて良いことがたくさん起きると信じているんだ。

 Instagram「rolaofficial」より

『+Oneコレクション』では、捨てられた洋服を回収して作ったリサイクルポリエステルやオーガニックコットンを使用したスポーツブラやレギンス、Tシャツ、ヨガマットなど幅広いアイテムがラインナップだ。このリサイクルポリエステルの生地は、日本環境設計社のリサイクルプロジェクト「BRING」と共同で1年以上かけて開発。

アートワークには、ローラも大ファンの写真家、ハーブ・リッツの作品をフィーチャリングしたコレクションが実現。自身のセンスと機能性、コンセプトを完璧に落とし込んだコレクションに仕上げている。