ウイルス拡散防止「ジョギングエチケット」でマスクよりも快適に。

ウェルネス

外出自粛中のストレス発散、運動不足解消のために公園や河川敷などでジョギングやウォーキングをする人は多くみられる。政府もこれらの適度な運動は問題ないとしているが、ヨーロッパなどの一部地域ではジョギングを含めた外出も禁止されている。

新型コロナウイルスは症状が出ないことも多く、気づかない間に自分が感染しているかもしれない。ジョギングで息をする回数が多くなり、周囲にウイルスをばらまいてしまわないように、1人1人がエチケットを心がけることが大切だ。京都大の山中伸弥教授は自身のブログやYouTubeでジョギング、ウォーキング時にマスクを着用するなどの周囲への配慮を促している。

マスクは苦手という方に。

ジョギング中のマスクは窮屈なうえに、吐息でマスクの中が湿ったりしてとても快適とはいえない。自身もランナーである山中教授も、「僕は走るときにマスクをすると、顔にくっついてしまって苦手です。」と話し、「BUFF®(バフ)」という瞬時に鼻まで覆える布を紹介。マスクのような息苦しさや湿ったりするなどの不快感がなく、ジョギングやウォーキング時にマスクの代用として人気が高まっている。

BUFF®

スペイン生まれのヘッドウェア、ネックウェアーブランドで、登山などのアウトドアや、ランニング、サイクリング、その他スポーツ全般で首周りの防寒や、紫外線対策、ヘアバンドとして自由に使われている。おしゃれなデザインのものが多く、ファッション性が高いのも人気の理由だ。山中教授の動画の反響も大きく、BUFF®は品薄状態となっているが、BUFF®以外にも快適なスポーツ用マスクはたくさん売られている。もしくはバンダナなどでも代用できるので自分に合ったものを探してみてほしい。

距離をあけること。

マスクを着用するだけでは、対策として不十分だ。感染拡大を防ぐために努める研究者たちは、ウォーキングをする際には4~5m、ジョギングは10メートル距離をあけておこなうよう勧めている。運動を安全に楽しむためにも、マスクの着用、間隔をあけるなど十分周囲に配慮していくことが大切だ。

image by medium

ウィメンズ