運動で「良い汗」をかく習慣がもたらす5つのメリット。

ウェルネス

運動がライフスタイルの一部になると、運動がどれほど私たちに良い影響をもたらすのかがわかる。カラダの健康や運動能力の向上などの身体的効果だけでなく、精神的効果も得られる。日常生活で抱えるストレスや不安は汗とともに綺麗に流れ去る。


関連ストーリー

スポーツは身体と脳にどのような効果をもたらすのか。
自粛期間中にカラダを動かすことの重要性を改めて感じた方も多いはずだ。しかし、スポーツは本当に私たちが期待するほど心身にいい効果をもたらしてくれるのだろうか。今回は、スポーツが私たちにもたらす影響について紹介していきたい。運動を行う...

今回は、「運動でいい汗をかく習慣をライフスタイルに取り入れよう。」ということで、運動で汗をかくメリットを中心に話していきたい。

汗に含まれるもの

汗は、カラダの体温が上がったときにカラダの水分を汗として放出することで体温を調節する働きをもち、水分や電解質、毛穴などに付着した皮脂などが含まれる。汗が出る要因には、体温調節のほか、緊張や不安などの精神的ストレスからくる汗、辛い食べ物を口にしたときなど味覚からくる汗の3つがある。

温熱性発汗

暑いときやカラダを動かしたときなど体温が上昇したときに体温を下げるための汗。手のひらや足のうらを除く全身から発汗する。

精神的発汗

人前に出て緊張したとき、失敗しないか不安なときなど精神的にストレスを感じたときに手のひらや足のうら、ワキの下など限られた場所にみられる汗で、温熱性発汗に比べて短時間に発汗するのが特徴。

味覚性発汗

辛いものやすっぱいものなどの刺激のあるものを食べたときに顔や頭を中心にかく汗。口の中の粘膜にある温度センサーを刺激して、熱覚とともに痛覚を生じ、発汗神経を刺激して起こるものと言われている。

デトックスの幻想

健康や美容に関する情報を集めていくうちに「発汗には、デトックス作用がある」というのを目にしたことがある方も多いのではないだろうか。

デトックスとは、カラダの中に溜まった有害な毒素や老廃物を排出させることだ。サウナ、ホットヨガ、そのほか日常で楽しめるアクティビティが私たちにもたらす効果は、ストレス発散、運動不足解消だけでなく、体内の毒素を汗で排出することで健康や美容効果が期待できると言われている。

しかしこのデトックス効果、汗をかくことで毒素を排出できるという説は幻想だということが最近の研究結果で明らかになっている。イエール大学医学部の臨床神経科医スティーブン・ノヴェラ氏は「デトックス」について以下のように指摘している。

「デトックスは幻想なのです」と、イェール大学医学部の臨床神経科医スティーヴン・ノヴェラは指摘する。

「人間の肝臓と腎臓は、健康であれば問題なく毒素を排出します。そのための臓器なのですから」。

ー WIRED 「デトックス」は幻想だった? 5つの手法を“科学的”に分析した結果 (2019.5.31)より

カラダで解毒を担当するのは、汗ではなく、肝臓や腎臓。何もしなくても毒素を排出してくれる機能があるわけなのだ。

運動でいい汗をかくメリット

1:最高の気分転換になる。

ワークアウトやランニング、そのほか日常的にアクティビティを楽しんでいる人なら、汗だくになって周りが見えなくなるような感覚を味わったことがあるはずだ。汗だくになると、今自分がやっていることだけに集中でき、エンドルフィンが分泌されることで幸福感が得られ、日頃抱えているストレスや不安はどこかへ行ってしまうのだ。

2:夏バテになりにくくなる。

日常的に運動をして汗をかく習慣がある人は、効率的に体温調節ができるようになり、塩分濃度の低いサラッとした良い汗をかきやすく、熱中症や夏バテになりにくいカラダづくりが期待できる。

3:達成感を味わうことができる。

汗をかくということは十分にカラダを動かして、体温を上昇させている証拠だ。汗は、どれだけ夢中に慣れているかという一つの指標にもなる。汗だくになるほど頑張ったという達成感を味わうことができ、ストレス解消につながるのだ。

4:皮膚を保湿できる。

汗は天然の美容液とも言われており、汗から出た皮膚表面の油分が肌の乾燥を防いでくれる。汗の保湿効果は時間とともに薄くなっていく。汗をそのままにしておくと細菌が発生する原因になるので汗をかいた後はタオルで拭き取ったり、シャワーで流すようにしよう。

5:自分らしくいられる。

運動をして汗をかくことがライフスタイルの一部になれば、仕事や人間関係などが上手くいかず、気分が落ち込んでしまっても、運動をして汗をかけば、いつもの自分に戻ることができる。汗をかいた後の素直な自分にポジティブな声をかけてあげられるはずだ。

運動で汗をかく生活を始めよう。

運動をしたことがない方に向けて、ぜひ取り入れていただきたい運動を紹介していきたい。

ランニング30分

最も気軽に始められる有酸素運動だ。20分以上走り続けることで脂肪燃焼効果が得られるという。速度はスローペースでOK。自分のライフスタイルに合わせて、自分が続けられる最もベストな時間を選んで始めよう。ランニングで爽快な気分を味合うことで、身体的な効果だけでなく、ストレス解消や自尊心を高めるなどのマインドの変化を感じることができる。

体幹トレーニング

体幹とはカラダのコアな部分=中心、手や足を除いた胴体部分のことを指す。比較的簡単なトレーニングが多く、自宅で簡単に始めることができる。短期的な効果は得られない(どのトレーニングもそうだ)が、長期間継続していくことでカラダのベースを作ることができ、競技パフォーマンスの向上やカラダの引き締め、ケガの予防など日常生活において様々な効果が期待できる。


関連ストーリー

体幹について知っておくべきこと:レベル別「体幹トレーニング」
年齢、性別を問わず多くの人々に取り入れられている「体幹トレーニング」。体幹トレーニングの基礎知識、インナーマッスルとアウターマッスル、体幹トレーニングで得られる効果、ポイントおよび注意点、自宅でできる体幹トレーニングをご紹介。