「マイケルジョーダン:ラストダンス」でブルズの軌跡を。

ニュース

「バスケットボールの神様」マイケルジョーダンとシカゴ・ブルズが優勝した1997年ー98年シーズンを追ったドキュメンタリーシリーズ「マイケルジョーダン:ラストダンス」が4月20日よりNetflixで独占配信がスタートし、現在第1ー4話まで公開中。毎週2話ずつ新エピソードが公開される予定だ。

自粛GWに何をして過ごすか悩んでいる方は、黄金時代を築いたスパースター達の軌跡を鑑賞してみてはいかがだろうか。

『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』ティーザー予告編 – Netflix

本作は、マイケルジョーダンのキャリア、そして90年代のシカゴ・ブルズの黄金期を、1997年ー98年シーズンの貴重な未公開映像を交えながら振り返る全10話のドキュメンタリーだ。

米国内ではアメリカのスポーツ専門チャンネル「ESPN」、米国外ではNetflixで独占配信されている。同局の発表によれば、1,2話の平均視聴者数は610万人、3,4話は590万人にのぼり、SNS上でもトレンド入りとなった。

シカゴ・ブルズ黄金期

ジョーダンはシカゴ・ブルズでプロキャリアをスタートさせ、合計で13年間ブルズでプレーした。1997ー98年シーズンまでにブルズは過去7年間、NBAで5回の優勝を果たしており、NBA史上最高のチームの一つとして、かつてない地位を築いていた。

当時のメンバーは、ジョーダンの大親友でもあったチームのNo.2スコッティ・ピッペン、NBA史上最高のリバウンダーとして挙げられるデニス・ロッドマン、ヘッドコーチにはジョーダンがリスペクトを送る名将フィル・ジャクソンなど個性的な人物が集まるスーパースターチームだ。

1997ー98年シーズン “ラストダンス”

6回目の優勝、3連覇のかかった1997ー98年シーズンは、ジョーダン以外の主力メンバーは全盛期の終わりを迎え、選手にとってもコーチにとっても最後のシーズンとなる。

当時のヘッドコーチ、フィル・ジャクソンはこの最後のシーズンを“ラストダンス”と名付け、シーズンに臨む。この“ラストダンス”にカメラが入ることをジョーダンとチームが許可し、6度目の優勝に挑むブルズを追った緊迫感のあるリアルな映像が視聴者を興奮させる。

赤裸々に語られるストーリー

ジョーダン、かつてのチームメイト、ライバル、経営陣などの多くの著名人へのインタビューも収録。古い記録映像、貴重な未公開映像とインタビューによって当時のストーリーが赤裸々に語られる。