ザ・ロックとアンダーアーマーのコラボコレクションで限界の先へ

ウェルネス
photo credit: ohhsnap_me IMG_3998 via photopin (license)

世界中にファンを持つ人気アクション俳優「ザ・ロック」と「アンダーアーマー」によるコラボコレクション、「THE PROJECT ROCK(ザ・プロジェクト・ロック)」。ザロックのストーリーを含めてこのコレクションについて詳しく紹介していこう。

ザ・ロックとは?

1990年代から2000年代初頭、アメリカで一番の人気を誇るプロレス団体WWEに所属し、「The Rock(ザ・ロック)」のリングネームで活躍したDwayne Douglas Johnson(ドウェイン・ジョンソン)。数々の王座に輝き、プロレス界の超人気ヒーローであった彼は、俳優に転身し、映画「ワイルドスピード」シリーズや「ジュマンジ」といった大作に多く出演。

米フォーブス誌が発表した2020年最も稼ぐ俳優ランキングでは、推定年収8,750万ドル(約93億円)でトップの座を2年連続でキープ。そのうち、2350万ドル(約23億円)はNetflixの新作映画「Red Notice(レッドノーティス)」の出演料で、その他は今回紹介する「プロジェクト・ロックコレクション 」からの収入だという。

ザ・ロックとアンダーアーマーによるコラボコレクション

アンダーアーマーとザ・ロックのコラボによって実現したこのコレクションは、トレーニングウェアやシューズ、リュックなど、クールなフィットネス関連のアイテムがラインナップ。このコラボコレクションが正式にローンチされたのは2016年。日本では2018年3月に初めてコレクションを展開した。

しかし、俳優業でも忙しい彼が自分のコレクションを展開しようと思ったのはなぜか。それは彼がトレーニングするたった一つの理由にある。

彼がプロレスラーを引退した今でもトレーニングを止めないのは、俳優業のためにカラダを鍛えるためでもなく、ストレス解消のためでもない。“自分の信念を築いている”のだという。

築くということは、自分の記録や固定観念を壊し、古い自分を捨てるということでもある。このコラボコレクションを通して世界に伝えたいメッセージを発信し続けるのだ。そしてこのコラボコレクションのコンセプトは、BUILD THE BELIF(信念を築け)。

アンダーアーマー公式HPの特集ページではこのように語っている。

トレーニングに、人種、年齢、国籍、職業などは100%関係ない。

大切なことは心の中にある。

どんなに壁が高く見えようとも、乗り越えて達成するという信念を構築することだ。

それはどれだけハードワークできるかにかかっている。

 The Rock

コラボコレクションのアイテムには、ロックのルーツとなっているものや伝えたいメッセージがデザインに反映されている。

ザ・ロックのモチーフである猛牛ロゴがあしらわれていたり、彼が所有する移動式ジム「Iron paradice(鉄の王国)」がある。ハワイ語でMANA(魂)とWARRIOR(戦士)という意味をもつ「Warrior Mana」には戦士のように戦う意思を持つ者に着用してほしい、意志を持って臨んでほしい、というメッセージが込められている。

7bucs

ザ・ロックは大学卒業後、プロフットボーラーを目指したがプロの舞台で活躍することはできず、23歳でクビを告げられた。その時の所持金はたったの7ドル(約700円)。

プロレスラー引退後、俳優業に打ち込むが、その人間離れした体格は業界で受け入れられず、トレーニングさえも止め、自分自身を見失った惨めな時期もあったそうだ。

自身のプロダクション会社や広告事務所の名前は、「7bucs(7ドル)」。プロフットボーラーという夢に敗れたときの全財産7ドルという屈辱を忘れないように。

多くの挫折を味わった彼がここまで成功できたのは、自分を信じ続けたから。それをトレーニングによって構築してきたのだ。ザ・ロックの意思を持つトレーニングアイテムをあなたのフィットネスにも取り入れてみてはどうだろうか。