#yogaday 国際ヨガデー:オンラインで世界をつなぐ。

ニュース

本日6月21日は、国際ヨガデー。

健康や美容などフィットネス効果が注目され、今や多くの方に愛されているヨガ。ヨガの楽しみ方も多岐にわたり、SUPヨガや空中ヨガなどユニークなものまで登場している。

国際ヨガデーとは

2014年12月11日に国連が制定。2014年9月の国連総会で、ヨガ発祥の国、インド モディ首相の「ヨガは平和な社会をつくるための最適の手段」という提唱に対して、177ヶ国の賛同を受け、6月21日を「国際ヨガデー」として宣言された。

ヨガは、古代以来のインドの伝統が生んだ貴重な贈り物である。既に5000年の伝統がある。ヨガは身体と精神、思考と行動、抑制と実践の統合を実現させ、また、人と自然の調和、健康と福祉へのホーリースティックなアプローチを実現する。

ヨガは単なるエクササイズではなく、自身の中に統合された感覚を見い出すものである。私たちのライフスタイルを変え、意識を高めることによって、幸福への助けとなる。国際ヨガの日に採択に向けて、ともに働こう。

ーナレンドラ・モディ 国際連合総会

2015年以降、地域、宗教を超えて世界各国でヨガイベントが行われている。今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、予定されていたオフラインイベントは相次いで中止になったが、ZoomやSNSを通じて多くのオンラインイベントが開催された。

なぜ6月21日なのか

12月11日に制定されたにも関わらず、なぜ6月21日が国際ヨガデーなのだろうか。6月21日は1年で最も太陽が高く昇る時期にあたる。日が最も長くなり、太陽のエネルギーが最も高くなるとされるこの時期は、ヨガを行うのに適していると言われている。

これぞ伝統のヨガ!

もともとは瞑想のためにポーズを取ることから始まったヨガ。当時の「古典ヨガ」は、悟りを開いていく哲学的なヨガになる。今回はヨガが登場したころの時代に遡り、古典ヨガの種類を紹介していきたい。

01.

ラージャヨガ

ラージャ=王様を意味し、「王様のヨガ」などとも呼ばれている。ラージャヨガは、他のヨガと比べても特に瞑想を大切にしている。瞑想によって精神をコントロールすることで自分の能力を最大限に発揮することを目指すヨガ。

02.

ジニャーナヨガ

ジニーニャヨガは、「知識のヨガ」とも言われている。エクササイズ的にアプローチするハタヨガとは異なり、悟りに至るために哲学的にアプローチしていく。

アーサナ(ヨガのポーズ)などは行わずに、瞑想をとおして心を空っぽにすることで自分以外のすべてのもと切り離し、自分に集中する。自分自身の知識、「真の知性」を高めることを目的としている。

03.

バクティヨガ

インドで宗教を深めたい人に読まれている聖典「バガバッドギーター」をもとにしたヨガ。バクティヨガは「信愛のヨガ」として知られている。神、自分自身が信じるもの、そして自分自身に愛を捧げる信仰的なヨガで、神を讃える歌を歌ったり、祈りを行う。

04.

カルマヨガ

カルマヨガは「行動のヨガ」ともいわれ、日常生活すべての行いこそが修行と捉える。カルマヨガの教えは、結果に執着しない生き方。今、自分のするべきことに対して、否定せず真摯に受け止め、一生懸命行う。

単に良い行いが幸せを招くということではない。カルマヨガでは、行いに良し悪しはなく、行為がその通りの結果になると考える。人との関係が希薄になりがちな現代だからこそ、大切な考え方と言える。

05.

マントラヨガ

マントラヨガは、このマントラを唱えることを大切にしたヨガ。マントラとは1フレーズの言葉で、心の中で声にして唱えるものだ。マントラを唱えることによって、心とカラダを純粋な状態へと導き、精神を統一することで本来の自分を引き出すことを目指す。