ダンスとフィットネスが融合。「ZUMBA(ズンバ)」の魅力とは。

ウェルネス

パーティーのような陽気なエクササイズで参加者を楽しませる「ZUMBA(ズンバ)」。 音楽に合わせて楽しくダンスをすることで脂肪を燃焼できる、世界でも大人気のエクササイズだ。ズンバで日々の生活に追われる自分からは距離を置いて、楽しく汗をかいてみてはどうだろうか。ズンバの魅力について紹介していきたい。

ズンバとは

ズンバは、ダンスとフィットネスを融合したいわば”ダンスエクササイズ”だ。陽気なラテン音楽を中心とするアップビートな楽曲に合わせて、ダンスを行うことで楽しく有酸素運動ができる優れたトレーニングプログラム。

ダンスの上手い下手関係なく、音楽を楽しみながらエクササイズを行うという新しいコンセプトが支持され、現在では185ヶ国の場所でズンバは愛されている。「ズンバ」という言葉の意味には、スペイン語で「お祭り騒ぎ」のような意味があるそうだ。

ズンバの魅力

1.  爆発的な楽しさ。

ズンバがもたらす気分高揚効果は絶大。その証拠に、ズンバをしている人たちは、終始笑顔だ。フィットネスクラブに通っている人なら、スタジオで楽しそうに踊っている姿を見たことがあるかもしれない。ラテン系のノリの良い楽曲に合わせてカラダを動かすことで、気分も上がり、楽しい気持ちになるのだ。

フィットネスにおいて「楽しむ」ことは、モチベーション維持において重要な要素。「トレーニングしなきゃ」という “やらされ感” から、「トレーニングしたい!」というモチベーションに移行することで、長く続けることができ、フィットネス効果も期待できるようになるのだ。

2. 有酸素能力を向上できる。

ズンバは楽しいだけではなく、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動として認められている。計586人のズンバ参加者を対象とした調査によると、個人差はあるものの、体重の減少に対してプラスの効果があると結論づけられている。

ズンバは腰を振ったり、カラダを捻るなど骨盤を使った動きが多いのが特徴。全身の柔軟性を高めながら、ほどよく筋肉を刺激できる。

3. ダンスの技術は一切必要なし。

ズンバの目的は、ダンスを美しく踊ることではない。ダンスを通じて、”楽しくエクササイズを行う”こと。難易度の高いパフォーマンスは含まれておらず、簡単な動きを組み合わせてできている。ズンバを始めるために、ダンスの経験や技術は必要ないのだ。

最初は、なるべくカラダを大きく動かすことを意識して行おう。慣れてきたら、カラダの使い方にも注目してほしい。カラダをうまくコントロールできるようになることで、運動能力も向上できる。

ズンバはバリエーションも豊富

ズンバは誰でも気軽に楽しめるように、子供向けのクラスから高齢者向けのクラスなど様々なバリエーションが用意されている。どんなズンバが自分に合っているのか探してみてほしい。

ZUMBA KIDS / ズンバキッズ

子供向けに楽しくできるズンバ。ZUMBA Jr.が4~6歳、KIDSが7歳~11歳が対象となっている。

ZUMBA GOLD / ズンバゴールド

体力に自信のない人や、特別な配慮の必要な人(シニア、リハビリ、障がい者、)などを対象としたズンバ。

AQUA ZUMBA / アクアズンバ

水の中で楽しむズンバ。プールの中では、重力の影響が軽減されるため、カラダへの負担が少ないのが特徴。

ZUMBA TONING / ズンバトーニング

通常のズンバよりも少し負荷が高くなっている。トーニングスティックという軽重量のアイテムをマラカスのように使うことで負荷を高める。

ZUMBA STEP / ズンバステップ

ステップ台を使用することで、基本的なステップを習得できるズンバ。

参考文献

Health Benefits of Zumba Fitness Training : A Systematic Review / Barbara Vendramin , Marco Bergamin , Stefano Gobbo , Lucia Cugusi , Federica Duregon , Valentina Bullo , Marco Zaccaria , Daniel Neunhaeuserer , Andera Ermolao / 2016 Dec ; 8(12):1181-1200.doi: 10.1016